このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットショップのSEM。最初の一歩はPPC(リスティング)広告から

PPC(リスティング)広告とは、グーグルやヤフーで検索した時に検索結果の上部や、右側に表示される広告です。

 

特徴としては、PPC=Pay Per Clickの名称の通り、「クリックされなければお金が掛からない」広告です。

 

また、他には

  • クリックの単価はオークション形式で競合よりも単価を上げることで上位表示が可能
  • 1日の出稿金額を任意に設定できる
  • キーワードや広告文の調整をリアルタイムにできる

などがあります。

 

一般的な広告だと、一度出稿してしまうとその後に調整ができないのでリスクも大きくなりますがPPC(リスティング)広告は上記の特徴からリスクも少なくリアルタイムに最適化できる事もあり最も費用対効果のよい広告として認知されています。

 

PPC(リスティング)広告の成果

ウォンツ系とニーズ系に分けて、獲得単価を参考値としてご紹介します。

※ウォンツ系とニーズ系の説明は、こちらのページにてご案内

データは、商品や配送料金、ページの品質など、購入率も獲得単価に大きく影響しますので、あくまで参考値としてお取扱いください。

なお、獲得単価とは、1件の注文を獲得するために、費やした広告費用になります。

 

ウォンツ系

商材    |獲得単価(参考)
――――――――――――――――
アパレル  |2,000円
――――――――――――――――
工具系   |1,200円
――――――――――――――――
カラコン  |500円
――――――――――――――――

ニーズ系

商材    |獲得単価(参考)
――――――――――――――――
食品    |4,500円
――――――――――――――――
ジュエリー |21,000円
――――――――――――――――
葬儀用品  |10,000円
――――――――――――――――

上記表からも、ウォンツ系の成果の出しやすさが見てとれると思います。

 

しかし、ニーズ系といえども購入単価が高かったり、利幅が広かったり、リピート率が高いなどの特性があれば、獲得単価が高くても、充分に商売になりえます。

 

あなたのサイトの商材と比較してみて、上記獲得単価内であれば、商売になると感じれば、PPC(リスティング)広告をぜひ試してみてください!

====================================

SEMを手軽にはじめるならまずは

PPC(リスティング)広告からマンガでわかる当社サービスの説明はこちらから

====================================

 

PPC(リスティング)広告の成果の活用に関して

次に、売上以外の成果に関してお話したいと思います。

PPC(リスティング)広告の利点としては、購入に繋がるキーワードの把握ができることにもあります。

 

つまり、成果計測の精度が高いことで、購入に繋がるキーワードの量や、購入率、購入金額など、数字として把握することができます。

また、様々なキーワードを試すことで、自分では想定しなかった売れるキーワード発見することが多々あります。

 

例えば、「プラセンタ」の売れるキーワードが「更年期障害」だったりすることを発見することに繋がります。

 

そのため、SEM施策の一連の施策の中でPPC(リスティング)広告で成果獲得したキーワードを自然検索からの流入につなげるためのSEO施策を平行で行うことで、成果の有効活用する手法をおすすめしています。

 

PPC(リスティング)広告の今後に関して

PPC(リスティング)広告は通販サイト運営者にとって非常に有効なツールですが

将来にわたって有効なのか・・・について少し疑問が残ります。

 

その理由は、

「クリックの単価はオークション形式で競合よりも広告単価を上げることで上位表示が可能」

にあります。

 

つまり、競合(ネットショップに本気な人)が増えれば増えるほど、広告単価も上がっていきます。

そして、広告単価が高くなれば、獲得単価も高くなります。

この現象は、昨今の通販サイト開設のハードルが下がっている環境では、避けては通れない事です。

 

そのため、収益性が保てる今の時点で、PPC(リスティング)広告を試しておいて将来的に広告単価が高くなり「広告を出せば赤字になる」となる前に自然検索からの流入も確保できる施策に徐々に移行するスキームが重要です。

 

まとめ

ネットショップ集客の最初の一歩はSEMからもあわせてご覧いただきつつ、2つのページの要点を以下にまとめておきます。

復習としてご活用ください。

 

1.SEMとは?

サーチ(検索)エンジンマーケティングのことで、ネットショップの集客対策としては、受注に対して直結する重要な施策

 

2.SEMしやすい商材はウォンツ系商材とは?

ウォンツ系商品とは検索ユーザーがすでに欲しいと決めている指名買いされる商材

 

3.SEMの最初の一歩はPPC(リスティング)広告から

PPC(リスティング)広告は最も費用対効果の高い集客手法です

 

4.PPC(リスティング)広告の成果を自然検索経由の流入拡大につなげる

PPC(リスティング)広告の広告単価が上がってしまう前に、自然検索経由の流入改善(SEO対策)を行っていきましょう

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事